「なりたい自分」を実現する3ヶ月計画の立て方・目標設定法・手帳活用例 | 手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ
「なりたい自分」を実現する3ヶ月計画の立て方・目標設定法・手帳活用例 | 手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

「なりたい自分」を実現する3ヶ月計画の立て方・目標設定法・手帳活用例

「なりたい自分」を実現する3ヶ月計画の立て方・目標設定法・手帳活用例

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

今回は、なりたい人生(ジブン)の実現に向けた3ヶ月計画の立て方目標設定法についてご紹介したいと思います。

 

 

 

3ヶ月計画の位置づけ

 

私の場合、愛用の手帳のなかには、いくつかの行動計画が束ねられています。

 

そのなかで最も最上位にあたるのが「中期行動計画」と呼んでいる5ヶ年計画表です。

 

そして、それを元に細分化されたものが、年間計画表

 

年間計画表は、文字通り今年1年間の目標と、それを達成するための1年スパンによる行動計画です。

 

で、年間計画表をさらに細分化したものが、今回の本題でもある3ヶ月計画表です。

 

 

 

なぜ、3ヶ月(四半期)の計画が必要なのか?

 

そもそも、なぜ3ヶ月毎に計画を立てる必要があるのでしょうか?

 

だって、「年間計画を立ててあるんでしょ?」と。

 

 

確かに私も、数年前までは年間計画オンリーでした。

 

その次のレイヤーは、月次計画。そして週次・・・。という具合です。

 

しかし、ある時から3ヶ月計画表も作るようになったんですね。

 

それはなぜか?

 

 

理由は2つあります。

 

まず1つ目は、目標という名のプロジェクトを俯瞰して計画立てたい、というものです。

 

どうしても、月次計画だと、その月その月を単月でみてしまうので、1ヶ月でゴール達成できるような短期型の目標ではない限り、少し不便なわけです。

 

つまり、1ヶ月よりもうちょっと長めのスパンで計画と向き合いたい。そんな感じです。

 

 

そして2つ目の理由は、今度は真逆で、「俯瞰してみたい」とはいえ年間計画だと長すぎる、というものです。

 

年間単位での計画となると、大きく俯瞰して全体を眺めることができる一方で、どうしても1つ1つの行動レベルを具体的に描き難くなってしまいます

 

 

以上2点の理由から、双方の美味しいとこ取りした形で3ヶ月計画表というものを活用しているわけです。

 

 

企業(上場企業)の決算も、四半期ごとに発表されるケースが大半ですが、そのことからも、3ヶ月単位で計画&振り返りを行うのは、かなり理にかなった方法だと個人的には感じています。

 

 

 

私の3ヶ月行動計画表

 

 

では、私がどのように3ヶ月計画を作っているかといえば、普通にマイクロソフトのExcelで作ってます。

 

縦に目標を並べていき、横軸は時間ですね。

いわゆるガントチャート式です。

 

今まで色々と試行錯誤してきましたが、結局は最もシンプルなこの形が一番実用的だと思ってます。

 

このシートをA4用紙でプリントアウトして、愛用の手帳にはさみこんで活用してます。

 

 

 

 

まとめ

 

長すぎず・短すぎずの、ちょうど良い計画単位が3ヶ月。

 

程よく俯瞰した視点で目標達成をプロジェクト化しつつも、短期視点で1つ1つの行動を具体的に計画立てることもできます。

 

ぜひお試しあれ!

 

 

 

関連記事

世界一受けたい手帳術の授業(無料オンラインセミナー) アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事

セミナーページ