» プチ起業・ゆる起業、複業(副業)が増える時代
 » プチ起業・ゆる起業、複業(副業)が増える時代

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

プチ起業・ゆる起業、複業(副業)が増える時代

プチ起業・ゆる起業、複業(副業)が増える時代

こんにちは、高田です。

 

いま日本では、「令和時代の・・・」とか、「令和のトレンドは・・・」なんてものがブームになっていますね。

 

ただ、高田としては、

 

「まぁ、令和になったからって、何か急に変わるわけじゃないでしょう・・・」

 

という、少し冷めた考えなんですが。

 

 

ただ、先日の「あの発言」にマスコミが過剰反応しているのは、「令和時代」の1つの象徴だと感じてます。

 

 

 

「令和」=終身雇用の終焉?

 

で、「あの発言」とは何か?

 

そうです、トヨタの豊田章男社長の「終身雇用の終焉」発言です。

 

正直言うと、高田や高田の周りの人間、事業家からすると、「えっ、今さら?」というのが実感なのですが・・・

 

ただ、あれをマスコミが大々的に過剰にとりあげたところが1つの「令和」の象徴のように思います。

 

高田が社会人になる頃に、「終身雇用なんてものは無くなる」と言われていたことが、本当に現実になったなという印象です。

 

 

 

プチ起業・複業(副業)の増加

 

それで、今後間違いなく増えてくるのが、プチ起業・複業(副業)です。

 

これまでは、「会社員か、起業するか」という二者択一しかなかったのが、もっと緩めのゆる起業・プチ起業が今後は増えてきます。

 

というか、そういう人が増えている実感が既にあります。

 

●  「会社員でありながら、プチ起業する」

●  「年収数千万!とかではなく、月20~30万円ぐらい複業(副業)で稼ぐ」

●  「会社が倒産しても、最低限の副収入がある状態」

●  「複数の仕事、収入源を持つのが当たり前の時代」

●  「少ない収入でも、生活できる工夫と知恵、やりがいを見つける」

 

このようなものが、令和時代的な仕事との関わり方なのではないかと思ってます。

 

 

 

令和時代の働き方・起業スタイル

 

そうなると、高田が支援しているコーチやコンサル起業などは最適じゃないかなと感じるのですが、今後さらに増えていくのは、自分の趣味や、ちょっとした特技を教えるようなスタイルの起業だと思います。

 

あとはコミュニティで楽しく学び、教えるようなスタイルも、これからの主流になりそうです。

 

 

「月収100万円!」ではなく、「複業で10~30万円」という堅実な売上を目指すスタイルですね。

 

高田が起業した頃は、まだ「生き残りたいなら、休日なんてないと思え!」。

そんな体育会的な風潮でした。

 

賛否両論あるとは思ってますが、まぁ、今となっては時代遅れですよね(苦笑)

 

 

「起業=すべてを懸けて臨むもの」

 

そんなイメージがあるゆえ、起業を志す人はごくごく一握りの人。

そういった印象だったものが、今となっては、かなり変わりました。

 

「ちょっと緩め。でも、しっかり、10~30万円ぐらいの収入を得る」

 

そんなイメージです。

 

そして、それがウケる時代が「令和」なのでしょう。

 

 

 

お知らせ

 

自分の趣味や、ちょっとした特技を教えるようなスタイルの起業といえば・・・

「手帳コーチ」です。

 

自分の「得意」「好き」を活かしてビジネスを行える。

まさに、プチ起業や複業(副業)にうってつけの職種が「手帳コーチ」だと思います。

 

 

それで、『手帳コーチ養成講座』は、第1期が7月から開講しますが、徐々に受講を決意された方が集まりつつあります。

 

●  人生を充実させる手帳活用法を体系的に学び、人に教えられるレベルで習得できる

 

●  コーチングスキルを習得し、自分の目標達成力を高めるだけでなく、他人のサポートもできるようになる

 

●  マーケティングスキルを習得し、ブログやYouTube、SNS等を通じて「自分のファン」ができる

 

 

この3点を同時に得られる国内では唯一無二の「手帳講座」です!

 

5月末で早期割引は終了しましたが、受講の申込みは、まだ受付けています。

 

7月からの講義に先駆けて、今週末あたりから事前課題など、いよいよ稼働し始める予定です(^^)

 

関連記事

アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事