» 手帳で朝一番に「1日のゴール」を設定する
 » 手帳で朝一番に「1日のゴール」を設定する

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

手帳で朝一番に「1日のゴール」を設定する

手帳で朝一番に「1日のゴール」を設定する

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

皆さんは、スケジュール(予定)以外に、毎日手帳に書きこむことって決まっていたりしますでしょうか?

 

今回ご紹介したいのは、毎日“その日1日のゴール”を手帳で設定する、というものです。

 

私のデイリーリフィルでは、その日1日のゴールを設定する項目が設けられています。

 

今回はその詳細をご紹介しようと思います。

 

 

 

手帳に1日のゴールを毎日書くことの効果

 

 

上の写真は、実際に私が使用しているデイリーリフィルの一部分です。

 

左右見開き1ページで、1日の計画を書き込む仕様となっており、その右上に該当する項目として「今日1日で得たい結果(1日が終わった時の理想の状態、及び得たい結果)」と書かれたスペースがあります。

 

朝起きたら、まず取り掛かる作業は、この1日の計画、とくにゴール設定なんですね。

 

手帳のこのスペースに、「今日のゴールは何だろうか・・・」とゴール設定するところから、1日がスタートする訳です。

 

書き方としては、、、

 

①○○プロジェクトのタスクを、××まで前進させ終える

②今月投稿分のYouTube用の動画を、すべて撮り終える

③△△の案件をクロージングして、「受注or失注」はっきりさせる

 

みたいなイメージで、箇条書きで並べます。

 

で、その効果ですが、これをやることによって得られるメリットは多数あります。

 

●  その日1日の到達ゴールが明確だから、1日の過ごし方にブレが出ない

●  目標に対して、1日1日前進していることを実感することができる

●  毎日を充実感もって過ごすことができる

 

などなど・・・。

 

そもそも、私がデイリーリフィルを自作している理由の1つに、「毎日の質を向上させること」がありました。

 

その効果は身をもって実感しているところです。

 

想像してみて下さい。

 

「予め、今日1日をどうしたいのかが明確な状態」で1日のスタートを切るのか、「ただ何となく」1日をスタートするのか。

 

どちらの方が、より理想に近付きやすいかはハッキリしているでしょう。

 

 

 

1日のゴール設定のポイント

 

さて、前述の通り、毎朝“1日のゴール設定”をするところから、その日がスタートする訳ですが、こう書くと「朝っぱらから、毎日それをやるのは大変そうだな・・・」と思いますよね?笑

 

しかし、実はそんなことは無いんです。

 

なぜならば、ここに要する時間は2~3分程度だからです。

 

ポイントは、ゴール設定を“3つまでにすること”です。

 

自分の意志とは関係のない、緊急性の高いタスクなどへの対応もあるのが現実の世界です。

 

つまり、1日のなかで出来ることは、そう多くない。

 

と、ある意味割り切ってもらうと良いと思います。

 

前述の通り、その日1日で得たい結果を箇条書きで3つ書けばOKです。

 

そういう意味では、私のように専用の記入スペースが無くてもできることです。

 

 

まずは毎朝3つ。

 

その日のゴールを設定してみることから始めてみて下さい。

 

それでは、今日はこの辺で!

 

関連記事

アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事