» 「1人作戦会議」という手帳を活用したセルフマネジメント
 » 「1人作戦会議」という手帳を活用したセルフマネジメント

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

「1人作戦会議」という手帳を活用したセルフマネジメント

「1人作戦会議」という手帳を活用したセルフマネジメント

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

私がお勧めしている目標達成のためのセルフマネジメントとして、1人作戦会議というものがあります。

 

今回はそんな話です。

 

 

 

1人作戦会議とは?

 

「そもそも、1人作戦会議って何?」

 

って話ですが、読んで字のごとく、1人で行う作戦会議です。

 

(そのまんまやんけっ!)

 

 

では、何を目的として1人作戦会議を行うのかというと、それは自分の戦略決めです。

 

自分の“なりたい将来像(=目標)”に対して、それを実現するためのプランニングや、そのプラン通りに進んでいるかどうかのチェック、そして、軌道修正プランの立案などを行います。

 

いわゆる、“PDCAサイクル”ってやつですね。

 

  • まずは、目標達成のための計画をたてる
  • そしたら、その計画通りに進んでいるのかをチェックする
  • 計画通りでないならば、何が原因(ボトルネック)なのかを考える
  • そして、その原因(ボトルネック)の解消策を考える
  • で、行動する

 

 

基本は、この繰り返しですね。

 

これらのサイクルを回すために、定期的に自分と向き合う行為が“1人作戦会議”って訳なんです。

 

 

 

どれぐらいの頻度で行うのか?

 

特に、正解がある訳ではありませんが、基本的には週に1回実施することをお勧めします。

 

それは、PDCAサイクルを回す最小単位として“1週間単位”が最も望ましいと言われているからです。

 

私自身も、自ら実践するなかで、そう感じます。

 

 

ちなみに、私の場合は、だいたい週末の土曜か日曜いずれかの早朝に実施するケースが大半です。

 

その時にもよりますが、概ね2~3時間ぐらいは手帳とにらめっこしながら、色々と思考します。

 

 

 

どこで実施するべきか?

 

1人作戦会議を実施する場所については、とくに決まりはありません。

 

が、とにかく誰にも邪魔されずに、1人で考え事に集中できるっていう点が重要となります。

 

それがどんな場所なのかは、恐らく人によって異なると思います。

 

私であれば、「自宅の書斎」や「喫茶店」が該当します。

 

逆に、私の場合、オフィスはダメですね。

 

仕事をしだしちゃいますのでw

 

 

 

「ちょっと、やってみよう」と思った方へのアドバイス

 

1人作戦会議のやり方・進め方にルールなんてものはありませんが、1つだけアドバイスがあります。

 

それは、手帳しか持っていかないということです。

 

例えば、喫茶店に1人でこもろうとお考えであれば、持参物は手帳のみにして下さい。

 

なぜならば、余計なことに時間を使い始めるからです。

 

目の前には手帳しかない。

 

そういう状態の方が、手帳を通じて自分と向き合いやすくなります。

 

動画でも詳しく解説しているので、よろしかったら覗いてみて下さいね↓

 

それでは!

 

 

関連記事

世界一受けたい手帳術の授業(無料オンラインセミナー) アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事

セミナーページ