» システム手帳にはインデックスを付けて機能性を向上させよう
 » システム手帳にはインデックスを付けて機能性を向上させよう

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

システム手帳にはインデックスを付けて機能性を向上させよう

システム手帳にはインデックスを付けて機能性を向上させよう

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

私は、大のせっかち。

 

世の中で大嫌いなものの1つが、“探し物の時間”といってもいいぐらいです。

 

目当てのものがサッと見つからないと、イライラしてきてしまう・・・

 

そんな私のようなセッカチ野郎の手帳には、インデックスをつけて機能性を向上させることをお勧めします。

 

ということで、今日は“手帳のインデックス”について、ご紹介します。

 

 

 

手帳のインデックスとは、どんなもの?

 

「そもそも、手帳のインデックスって何?」

 

っていう話しですが、これです↓

 

 

分かりますよね!?

 

要は、リフィルの“仕切り”ですね。

 

これがあるのと、無いのとでは、かなり手帳の使い勝手が変わるんです。

 

 

 

タテ・ヨコの両方から攻めるとGood

 

で、このインデックスなんですが、私の場合は“縦インデックス”“横インデックス”を両方使っています。

 

縦軸は、「MEMO」、「経営計画」、「チェックリスト」、「保存」・・・

 

などと、リフィルをひとまとめにし易い切り口で分類しています。

 

そして横軸は、「ビジョン&中期行動計画」、「年次計画」、「月次計画」、「週次計画」、「日次計画」という形で、“計画の階層”ごとに分類しています。

 

これが縦軸のインデックス。インデックス本体に直接書き込むのではなく、テプラを貼り付けるのが、ちょっとしたマイブーム。

 

そして、こちらは横軸のインデックス(分かり難いですが)。

 

 

 

手帳インデックスは、毎年買い替える

 

この手帳インデックスなんですが、私は“手帳総決算”(*)ともいえる年末になったら基本的に買い替えてしまいます。

 

*手帳総決算:高田は、年末年始に人生計画や年次計画の見直し、及び手帳の全面的な整理を毎年行っており、そのことを指す

 

 

毎年買い替えるなんて、勿体なくないかと思うかもしれませんが、明確な理由が2つあります。

 

まず1つは、年末年始の手帳総決算のタイミングで、インデックスの分類軸(項目名)が変わるケースが多いためです。

 

その時、その時の自分に合わせて手帳は変容させていくべき、というのが私の基本思想。

 

これは、インデックスの項目名1つ取っても同じことが言えるのです。

 

 

そして、2つ目の理由。

 

これは単純に、1年経つとボロボロになってしまうからです。笑

 

けっこう角が折れたりして、潰れてきてしまいますよね。

 

だから買い替える。シンプルです。

 

 

 

まとめ

ということで、今回は手帳用のインデックスの活用についてご紹介しました。

 

これがあるだけで、手帳の使い易さが著しく向上します。

 

ぜひ、自分に合った分け方で活用してみて下さい。

 

それではまた!

 

関連記事

世界一受けたい手帳術の授業(無料オンラインセミナー) アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事

セミナーページ