手帳術の普及を目指し『日本手帳マネージメント協会』を設立しました | 手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ
手帳術の普及を目指し『日本手帳マネージメント協会』を設立しました | 手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

手帳術の普及を目指し『日本手帳マネージメント協会』を設立しました

手帳術の普及を目指し『日本手帳マネージメント協会』を設立しました

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

先日は重大発表をさせて頂きました。

 

そう、やっとこのお話をリリースできる時を迎えられたんです。

 

それが何かと言うと・・・

 

この度、一般社団法人 日本手帳マネージメント協会を設立しました!

 

パチパチパチ。。。

 

そこで今回は、協会設立の「狙い」をここで簡単にシェアできたらと思います。

 

 

 

協会の活動内容

 

まず、この協会の運営陣としては、代表理事に、わたくし高田。

 

そして、理事に山野勉と、Happiy Life手帳コーチ中山久美子氏という役員体制です。

 

で、活動内容としては、まず「手帳コーチ」の育成

 

すでに中山さんと取り組んでいる『手帳コーチ養成講座』は、この協会が運営母体となります。

 

※これまでは、高田が代表を務める(株)ラグランジュポイントでした

 

 

『手帳コーチ養成講座』を修了した受講生は、協会認定コーチとしての称号を付与すると同時に、その後の活動のバックアップまで行っていきます。

 

 

 

もっと手帳術を広めるために

 

では、手帳コーチの養成だけが協会設立の目的かと言えば、そうではないです。

 

手帳コーチの養成は、あくまで手段。

 

一番の狙いは、人生を豊かにするための手帳の活用法をもっともっと広く普及させることにあります。

 

ご存知の通り、高田は20歳から本格的に手帳を使い出し、そこから大きく人生が変わりました。

 

手帳によって大小様々な夢を叶えてきただけでなく、ときに、精神的うつ状態を凌ぐのにも手帳が一役かってくれました。

 

また、手帳は仕事とプライベートを充実させてくれただけでなく、人格すらも変えてくれました。

 

 

 

手帳で人生は変えられる

 

自分で言うのも何ですが、よく「高田さんは人あたりの良い方ですね」と言って頂くことが割とあります。しかし、かつての自分は、ほぼ真逆。

 

人あたりが良いどことか、ケンカを吹っ掛けることの方が多かったと思います。笑

 

手帳を「単なるスケジュール帳」としてしか使ったことのない人からしたら、大げさなデタラメ話にしか聞こえないでしょう。

 

「手帳で、人格まで変わる?」

 

たしかに、胡散臭く聞こえますよね。

 

でも、これは本当のお話。

 

手帳に自分の「在りたい姿」を書き記すだけで、自然と自分の「心の持ちよう」まで変わってきます

 

心が変わるから「人格」が変わる。

 

人格が変わるから「人生」、つまり毎日の私生活までもが変わるんです。

 

 

このことを多くの人に知って頂きたい。

 

手帳は単なるスケジュール帳ではない。

 

 

話が長くなりましたが、これが協会設立の目的です。

 

当協会の詳細は、公式サイトからもぜひご確認下さい。

 

一般社団法人 日本手帳マネージメント協会 公式サイト

 

 

 

編集後記

 

実は、協会を創設すること自体は、1年前から構想としてもってました。

 

その証拠に、手帳を見返すと、バッチリそのことが書かれてます。

 

でも、当初はあくまで構想レベルで、夢物語とはいかないまでも「予定」でしかありません。

 

それが、1年で本当に実現しました。

 

「手帳に書いた夢は叶う!」

 

を、これからも自ら体現していきたいと思います。

 

動画も合わせてご確認を↓

 

 

関連記事

世界一受けたい手帳術の授業(無料オンラインセミナー) アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事

セミナーページ