» 気持ちの浮き沈み・モチベーションダウンの対応策とは?
 » 気持ちの浮き沈み・モチベーションダウンの対応策とは?

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

気持ちの浮き沈み・モチベーションダウンの対応策とは?

気持ちの浮き沈み・モチベーションダウンの対応策とは?

 

こんにちは、高田です。

 

毎日、気持ちに「浮き・沈み」がある。

 

そんなこと、ありませんか?

 

実は、こうみえて高田は、けっこうハートが繊細。

 

それゆえ、気持ちの浮き沈みも割と激しく、ちょっとした何かがあっただけで、急にモチベーションが低下してしまったりする傾向があります。

 

それって僕だけ??

 

きっと、そんなことは無いはず。

 

でも、ご安心を!

 

ちゃんと有効な対応策があります。

 

 

 

1人で戦おうとしない

 

それで、高田のように日々のモチベーションの乱高下が激しい方にぜひ知って欲しいことがあるんです。

 

それは、「1人で戦おうとしない」ってこと。

 

●  気持ちの浮き沈みが激しい

●  モチベーションが続かない

●  3日坊主で終わってしまう

 

 

そうなる原因は、1人で戦ってるからです。

 

なので、あなたは悪くない!

 

悪いのは、戦い方。そういうこと。

 

 

 

2つのモチベーション維持対策

 

では、どうすればいいか?

 

対応策は2つあります。

 

 

まず1つは、同じ目標や志、興味関心をもった仲間のなかに飛び込むこと。

 

いわゆる、コミュニティってやつです。

 

今では、セミナーや講座、オンラインサロンや会員制勉強会など、何かとコミュニティはたくさんあります。

 

ここで知って欲しいのは、結果を出している人というのは、大抵この手のコミュニティに1つや2つ属しているということ。

 

つまり、1人では戦ってない訳ですね。

 

高田は『My手帳倶楽部(MTC)』という会員制勉強会を主宰してますが、

 

※ちなみに、詳細はこちら

手帳で人生を変えたい人のための会員制勉強会『My手帳倶楽部』

 

主宰者としてだけでなく、自らも参加者として複数のコミュニティに入ってます。

 

まぁ、幽霊部員のような感じで、ぜんぜん顔出してないのも多いのですが・・・

 

 

そして、もう1つの対応策は、コーチやアドバイザーを付けることです。

 

 

この手の存在が身近にいると、常に二人三脚で自分に寄り添ってもらえるだけでなく、

 

●  目標に向けた行動のペースメーカーになってもらえる

●  客観的に自分をみて助言をもらえる

●  専門的なアドバイスをもらえる

 

といったメリットがあります。

 

 

このように、気持ちの浮き沈み、モチベーションのアップダウンが激しい方は、「1人で戦わない」という発想を取り入れ、手を打ってみて下さい。

 

きっと、毎日が変わってきます。

 

 

 

お知らせ

コーチといえば、現在「第1期生」を募集中の『手帳コーチ養成講座』です。

 

 

すでに参加を決意された方は、「動画教材」「事前課題」が渡されるなど、7月の開講を待たずして徐々に動き始めています。

 

で、意外だったのは受講生の多くが地方参加だったことです。

 

それゆえ、毎月会場に足を運べない方もなかには出てきてしまうことになります。

 

そのため講座は「録画収録」だけでなく、「Zoom参加」も可能にしたり、「個別面談」も毎月できるようにして置いてけぼりにならない処置を施したりと・・・

 

地方から参加する受講生のために、けっこうサポート体制を手厚く加えました^^

 

そして、さらに・・・

 

1期生は、第2期の講座(時期は未定)も無料で再受講できるという再受講制度まで加えました。

 

こんな判断、普通の経営者だったらしないと思いますが、今回は何といっても記念すべき「第1期」。

 

普通以上の対応で、プレミア感を持たせてます。

 

そんな『手帳コーチ養成講座』

第1期生の参加受付は、6/21(金)で終了です!

 

関連記事

アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事