» システム手帳のお勧めペンホルダーと使い方・工夫
 » システム手帳のお勧めペンホルダーと使い方・工夫

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

システム手帳のお勧めペンホルダーと使い方・工夫

システム手帳のお勧めペンホルダーと使い方・工夫

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

皆さん、手帳用のペンってどんなものを使ってますか?

 

私の場合、手帳用にはJETSTREAMの4色ボールペンを使用しています。

 

4色使いたいってことと、何よりもこの書き心地がたまらなく良い点が魅力ですね。

 

以前は、数万円もするモンブランの高級ボールペンを使っていたのですが、書き心地という点では残念ながらJETSTREAMの方が断然優れているように感じるんですよね。

 

ちなみにコレです↓

 

 

で、私の場合は、4色ボールペンに加えて、手帳常備用として赤と黒のサインペンも使用しています。

 

つまり、4色ボールペンと赤黒のサインペンの合計3本を常備している訳ですね。

 

となると、一工夫加えないと、手帳に3本ものペンを常備させることはできません。

 

そこで登場するのが、“ペンホルダー”な訳ですね。

 

ということで、今日は手帳用のペンホルダーについて紹介します。

 

 

 

システム手帳には、後付けペンホルダーを!

 

大型店舗の手帳コーナーなどにいくと、システム手帳用の“後付けのペンホルダー”が売ってます。

 

これさえあれば、手帳に常備するペンの数を増やすことができる訳ですね。

 

私の場合は、後付けペンホルダーに2本のペンを刺してます。

 

こんな感じです↓

 

 

分かり難いと思うので、ペンを外した状態もお見せします↓

 

この黒いホルダー部分が、後付けな訳ですね。

 

これがあるのと無いのとでは、手帳の使い易さがだいぶ変わってきます。

 

お陰で、いわゆる“筆箱”的なものを持つ必要がありませんからね。

 

 

 

後付けペンホルダーの注意点

 

実はよくよく探すと、後付けペンホルダーと一言でいっても、かなり様々なタイプが売られていることに気付くと思います。

 

例えば、バインダーに挟むようなものもあれば、クリップタイプもあれば、シールタイプやベルトタイプもあったりといった具合です。

 

どれを選ぶかはお好みでOKだと思います。

 

但し、経験上1つだけ注意点があります。

 

それは、ペンのホールド力

 

どういうことかと言うと、モノによっては、ペンをしっかりホールドしてくれないものがあるんです。

 

その場合、鞄の中などで知らず知らずのうちにペンがどっかに行ってしまう、なんてことが頻発します。

 

いち意見としては、レザー製のものであれば基本的に問題ないでしょう。

 

ということで、ペンホルダーはそこまで高価なものではありませんが、あとで後悔しないように、ぜひご注意下さい。

 

それでは!

 

関連記事

アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事