» 趣味やスポーツにも活かせる手帳・ノート術
 » 趣味やスポーツにも活かせる手帳・ノート術

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

趣味やスポーツにも活かせる手帳・ノート術

趣味やスポーツにも活かせる手帳・ノート術

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

今回は、趣味やスポーツに手帳やノート術を活かす方法をご紹介したいと思います。

 

私は、学生の頃から10数年以上に渡ってサーフィンを続けてきました。

 

子供3人もつ父親となった今でも、ほぼ毎週海に通っており、年間5戦以上の大会にも出場する、いわゆる「コンペサーファー」です。

 

ちょっとした自慢になってしまいますが、大会での優勝経験も一応ありますw

 

ちなみに今年2018年は、現時点で5つの大会に参戦して、2試合が準決勝敗退。最後の5試合目で準優勝、という戦績です。

 

 

 

元サッカー日本代表の中村俊輔さんの「サッカーノート」

 

中村俊輔さんの著書に 『夢をかなえるサッカーノート』(文藝春秋)という本があります。

 

 

 

どんな本かというと、中村俊輔さんは、高校生の頃から「サッカーノート」というものをつけているという。

 

そこには、サッカープレーヤーとしての目標や日々の練習メニュー、試合の振り返りや、テクニックのイメージなど、サッカーに関する様々なことが書かれているそうで、そのノート術について紹介されているのが同書という訳です。

 

手帳術やノート術といった類が好きな人間だけでなく、アマチュアアスリートにとっても非常に参考になる1冊でした。

 

 

 

サーフィンノートを作ってみた

 

で、「良いと思ったことは、素直にパクれ」という基本方針のもとに、私も取り入れました。

 

サーフィンノートです。笑

 

 

毎回の海での練習内容や、課題、気付き、試合後の振り返りなど、サーフィンに関することを何でも書いてます。

 

また、ノートの「使い方」や「書き方」に特段ルールのようなものは設けてなく、とにかく思いついたことを自由に書くような使い方をしています。

 

私の場合、普段愛用しているA5サイズのシステム手帳がありますが、サーフィンノートは常日頃持ち歩く必要はないので、別冊で「Rollbahn」のノートを使ってます。

 

実際のサーフィンノート。とくに書き方や使い方のルールを設けることなく、海での練習内容や、課題、気付き、試合後の振り返りなど、サーフィンに関することを何でも書いている。

 

 

 

ノートの効果

 

で、このサーフィンノートをつけるようになって一番感じている効果は、普段の練習(フリーサーフィン)における「質」の向上です。

 

必ず課題意識やテーマをもったうえで海に入るようになったので、明らかに練習の質は向上しました。

 

とにかく良い波だけを求め、何となくいつものように海に入って、来る波を片っ端から追っかけていたそれまでとは、明らかに変わりました。

 

また、大会を控えている場合には、その大会に向けて「何に取り組まなければならないのか?」を逆算して考えるようにもなり、計画的に海に通うようになりました。

 

例えば、つい先日の大会では、大会前最後の練習のあとに書かれたノートを振り返ると、こんなことが書かれてました。

 

 

結果、どうなったのか?

 

ノートに書かれていた通り、「ファイナル進出」を果たし、準優勝となりました。

想いは、本当に実現したのです。

 

 

 

 

アスリートにとって「ノート」とは、専属コーチのようなもの

 

今回は恥ずかしながら、私を題材としてご紹介しましたが、このように手帳術やノート術は、趣味やスポーツにおいても充分に活用できる

 

そんなことをお伝えしたかったのが、今回の主旨でした。

 

特に、私のケースのように、運動系の取り組みに手帳やノートを取り入れることは、例えるならば「専属コーチ」にコーチングしてもらっているかのような効果を期待できます。

 

手帳やノートを通じて、自分と向き合うようになり、課題意識が芽生え、そして行動が変わります。

 

行動が変われば、自ずと結果も変わるという訳です。

 

まずはノートを1冊買ってきて、思いついたことを書き殴ることから始めてみて下さい。

 

それでは!

 

関連記事

アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事