パンパンな手帳を片手に、セミナー登壇で地方出張に行きました@広島 | 手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ
パンパンな手帳を片手に、セミナー登壇で地方出張に行きました@広島 | 手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

手帳ライフコーチ高田晃 公式ブログ

パンパンな手帳を片手に、セミナー登壇で地方出張に行きました@広島

パンパンな手帳を片手に、セミナー登壇で地方出張に行きました@広島

 

こんにちは、手帳ライフコーチの高田です。

 

昨日から本業であるWebコンサルの仕事で、広島県は福山市まで講演に行って参りました。

 

東京品川から新幹線で約3時間半。

 

これまで、セミナーや講演会で全国を飛び回ってきましたが、当初は移動だけでヘトヘトになってましたが、今では出張がぜんぜん苦ではなくなりましたw

 

 

 

出張のときも手帳が欠かせない

 

当然ですが、出張の際も愛用の“パンパン手帳”は荷物に入ってます。

 

むしろ、新幹線のなかは、手帳と向き合って色々と考え事をするのにうってつけです。

 

普段以上に、集中して自分1人の世界に入り込めるような気がします。

(ま、だいたい爆睡してますけどねzzz)

 

 

 

福山市へ初上陸

 

駅へ着くなり、早々に会場入り。

 

土地勘がまったくありませんが、いつも依頼を受けての講演は、主催者様側のスタッフさんがお出迎えに来てくれるので、何も心配はありません。

 

会場につくと、いたるところに私のドヤ顔の写ったパンフレットが貼られてました。汗

 

 

 

 

 

講演は上々の出来で終了

 

今回は、約40名の経営者様個人事業者様にお集まり頂きました。

 

テーマは、私の得意領域である「YouTube動画による販促・集客」

 

このテーマだけでも、これまで何百回と言っても良いほどに人前で話してきたので、当然のごとく好評を得て終了することができました。

 

こう書くと少し生意気に聞こえてしまいますが、プロのセミナー講師として活動している以上、どんな局面であっても合格点を必ず叩き出さなければならないというのが、講師業をはじめて以来、私がずっとこだわり続けてきたことです。

 

そこに拘らないと、生き残っていけないだろうと。

 

今となっては、全国各地の商工会議所や法人会、地方銀行など、各種公共団体様から頻繁に登壇依頼を頂けるようになれたのは、このこだわりを徹底してきたからだと思っています。

 

「そこが絶対肝だ!」

 

と、手帳を通じて自分で自分に言い聞かせてきた訳ですね。

 

 

 

 

夜は1人飯で、ホッと一息

 

講演が終了し、ご参加頂いた方達との名刺交換や立ち話を終えて、ホテルにチェックインした頃には、すでに22時過ぎ。

 

サクッと1人飯ということで、ちょうどホテルの目の前にあった広島焼のお店に入りました。

 

んー、ビールによく合う!

 

ちなみに、私は“もんじゃ焼き”で有名な月島近辺の育ちなので、この手の食べ物がたまらなく好きですw

 

 

今回の出張は1泊で終了!

 

これから東京に帰ります。

 

 

それではまた!

関連記事

世界一受けたい手帳術の授業(無料オンラインセミナー) アンケート回答で、もれなく限定動画をプレゼント! 【高田式】超手帳術セミナー 目標達成“自作リフィル”を無料ダウンロード

おススメの記事

セミナーページ